ホーム(英語)        Business: Glindemann Sealing Rings             Dietmar GLINDEMANNの科学出版物

 

News
Worldwide customers: "Glindemann PTFE Sealing Rings"
 Image29.gif (1672 bytes) are sold by Sigma-Aldrich.
Please contact Dr. Glindemann at dglinde@aol.com  if you currently experience ordering problems.


Schliff-senkrecht.jpg (57789 bytes)
GLINDEMANN®シールリング Image29.gif (1672 bytes)  (PTFEポリマー製)
実験用ガラス器具のすりガラステーパー(円錐形)ジョイントのために使用。
住所:
Dr. Dietmar GLINDEMANN
Goettinger Bogen 15
D-06126 Halle
Germany
  +49-(0)345-6879948,                      Fax +49-(0)345-6871333.
電子メールアドレス dglinde@aol.com,  
ホームページ  : www.glindemann.net   




このサイト内のリンク
Glindemannシールリングのディストリビューターとカタログ番号
Glindemannシールリングの配送と価格
Glindemann PTFE シールリングの効果
Glindemannシールリングの取り付け方手順

Glindemannシールリングのよくある質問とノウハウ
Glindemannシールリングのテストレポート(参考)
Scientific Glassblowing Societies

Glindemannシールリングのディストリビューターとカタログ番号
(各国のディストリビューターの住所は次の表の通り)
ジョイントの最大直径 / mm 7 10 12 14 19 24 29 34 45 70 配分
Glindemannカタログ番号 K7 K10 K12 K14 K19 K24 K29 K34 K45 K70  
1ユニットあたりの シールリングの数 50 50 50 50 50 50 50 50 50 50  
ディストリビューターALDRICH (200 ヶ国のための使用リンク世界的に).  
ALDRICH
(Sigma-Aldrich)
  Z50,198-0 
(Z501980)
  Z50,208-1
(Z502081)
Z50,220-0
(
Z502200)
Z50,231-6
(Z502316)
Z50,241-3
(Z502413 )
  Z50,252-9
(Z502529)
  世界的な200 ヶ国
ALDRICH日本                    
Distribution in USA, Canada, Mexico by Kimble-Kontes (order is possible from every major labware company such as VWR and Fisher Scientific, Aldrich)

Free samples in USA, Canada:            Call 1-888-546-2531 Kimble-Kontes,
ask for Samples   Joint Size 24, Catalogue number 676005-2440,         or visit Kimble-Kontes at trade shows.

KIMBLE-KONTES アメリカ   676005-1030   676005-1420 676005-1922 676005-2440 676005-2942   676005-4550   America
VWR アメリカ   KT 676005-1030   KT 676005-1420 KT 676005-1922 KT 676005-2440 KT 676005-2942   KT 676005-4550   America
Fisher Scientific
アメリカ
  K 676005-1030   K 676005-1420 K 676005-1922 K 676005-2440 K 676005-2942   K 676005-4550   America
Thomas Scientific
アメリカ
  676005-1030   676005-1420 676005-1922 676005-2440 676005-2942   676005-4550   America
ALDRICH (since Sept 2002)   Z50,198-0 
(Z501980)
  Z50,208-1
(Z502081)
Z50,220-0
(
Z502200)
Z50,231-6
(Z502316)
Z50,241-3
(Z502413 )
  Z50,252-9
(Z502529)
  America
Distribution in Australia and Europe
LABGLASS GSR7 GSR10 GSR12 GSR14 GSR19 GSR24 GSR29 GSR34 GSR45 GSR704 Australia, Oceania
Carl Roth GmbH, link to 8 European countries T221.1 E699.1 E700.1 E701.1 E702.1   T222.1   Europe
Fisher-Scientific
in Germany
10125930
(3391345)
10268410
(3391346)
10228460
(3391347)
10636521
(3391348)
10782131
(3391349)
10646521
(3391350)
10390001
(3391351)
10257790
(3391352)
10686901
(3391353)
  Germany, Austria, Switz.
                       
Merck Eurolab
in Germany
VWR International Inc
2016251 2016252 2016253 2016256 2016258 2016260 2016262 2016263 2016264 2016266 Germany, Austria, Switz.
Quadrolab (LHU), link to 12 European countries   9.011 663  

9.011 664

9.011 665 9.011 666 9.011 667

 

 9.011 668

  Europe
LR. Vetter Laborbedarf e.K. DKA-7 DKA-10 DKA-12 DKA-14 DKA-19 DKA-24 DKA-29 DKA-34 DKA-45 DKA-70 Germany
AMSI 6.300.007 6.300.010 6.300.012 06.300.014 06.300.019 06.300.024 06.300.029 6.300.0344 6.300.045 6.300.070 Switzerland

トップページに戻る

ディストリビューターの住所(世界的に)
(
カタログ番号を見つけるためには、上のテーブルを見なさい)
Catalogues of company (click on links to see addresses)

住所

電話、ファックス、e-mail カタログ番号(前の表の通り) 流通している国
ALDRICH (Sigma-Aldrich)
Prizes up to 50% higher, but ordering is convenient.
Click link to find 200 countries
ALDRICH Worldwide,
200 countries
Quadrolab in Austria
Bartelt ,
Wagner & Munz Austria

click link

click link Quadrolab Austria
Carl Roth in Austria
LACTAN GesmbH & Co. KG
Zinzendorfgasse 10-12, A-8011 Graz Ph: 0316/32 36 92-0
Fx:  0316/38 21 60 Lactan.Labor@aon.at
Carl Roth (ROTH) Austria
LABGLASS

24 Windorah St, Stafford, Brisbane, Queensland, 4053, Australia

Ph: ++61(0)7-3356 8199
Fx ++61(0)7-3356 6722
labglass@gil.com.au

LABGLASS Australia, New Zealand, Oceania
Quadrolab in Belgium
Devos-Francois S.A.

480, rue de Châtelet B- 6010 Charleroi, Belgium

Ph: ++32(0) 71 440870 Fx: ++32(0)71 440890 e-Mail: mail@d-f.be Quadrolab Belgium
Carl Roth in Czechia - Ceska
P-LAB A.S. 

Ricanska 10, CZ-10100 Praha 10

Ph: 02/171-380 00, -322 02, Fx: 02/171-311 76, info@p-lab.com Carl Roth (ROTH) Czechia - Ceska
Quadrolab in Denmark
Bie & Berntsen ,
Buch & Holm

click link

click link Quadrolab Denmark
Quadrolab in Spain
Serviquimia s.a.
Pere IV 29-35, 5° 1°, E-08018 Barcelona, Spain Ph: 0034 (0)93 3003493, Fx: 0034 (0)93 3003493, serviquimia@serviquimia.com Quadrolab Spain - Espagna -
Portugal
Carl Roth in Spain
Carl Roth S.L.
La Jota, 86, E- 08016 Barcelona Ph: 93-3 52 60 61, Fx: 93-3 49 80 23, carl.roth@retemail.es Carl Roth (ROTH) Spain - Espagna
Portugal
Carl Roth in France
Roth-Sochiel S.A.R.L

3, rue de la Chapelle/B.P. 11, F-67630 Lauterbourg, France

Ph: 03 88 94 82 42
Fx: 03 88 54 63 93, sochiel@carlroth.de
Carl Roth (ROTH) France
Quadrolab in France
Sodipro S.A.

42, rue Ambroise Croizat, BP 307, F-38434 Echirolles Cedex, France

Ph: 0033 (0)4 7623 3927, Fx 0033 (0)4 7623 2412, sodipro.38@wanadoo.fr Quadrolab France
Fisher Scientific Germany

Im Heiligen Feld 17 58239 Schwerte

Ph++49 (0)2304 / 932-800
Fx++49(0)2304 / 932-957

Fisher Scientific Germany Germany, Austria, Switzerland
Merck Eurolab (VWR)

John Deere Str. 5,
D-76646 Bruchsal, Germany

Ph++49 (0)7251/717-0
Fx++49 (0)7251/717-182

Merck Eurolab (VWR) Germany, Austria, Switzerland
Quadrolab (LHU, Omnilab) Germany

Postfach 1416
D-37004 Göttingen, Germany

Ph++49(0)2225-948690,
Fx ++49(0)2225-948691

Quadrolab Germany
LR. Vetter Laborbedarf e.K. Herrenberger Str. 5, D-72119 Ammerbuch, Germany Ph++49(0)7073/6936, Fx++49(0)7073/2740 Vetter Germany
Carl Roth GmbH, Germany

Schoemperlenstr. 3, D-76185 Karlsruhe, Germany

Ph++49 (0)721/5606-0,
Fx++49 (0)721/5606149

Carl Roth (ROTH) Germany
Quadrolab in Italy EXACTA + OPTECH labcenter s.p.a. click link click link Quadrolab Italy
Carl Roth in UK
ROTEC SCIENTIFIC LTD.
10, Bridgeturn Avenue, Old Wolverton, GB-Milton Keynes MK 12 5QL, UK Ph: 01908 22 33 99,
Fx: 01908 22 30 00, Sales@techmate.co.uk
Carl Roth (ROTH) Ireland
Quadrolab in UK
AJ Cope & Son Ltd 
The Oval, Hackney Road, London E2 9DU, UK Ph: 0044 (0)207 729 2405, Fx: 0044 (0)207 729 2657, cjc@ajcope.co.uk Quadrolab Ireland
Quadrolab in the Netherlands
Boom B.V.
P.O. Box 37 NL-7940 AA Meppel Rabroekenweg 20 NL- 7942 JE Meppel  Ph: ++31(0)522 268700 Fx: ++31 (0)522 260779 boombv@boomlab.nl Quadrolab Netherlands
LABGLASS

24 Windorah St, Stafford, Brisbane, Queensland, 4053, Australia

Ph: ++61(0)7-3356 8199
Fx ++61(0)7-3356 6722

LABGLASS New Zealand, Oceania
Quadrolab in Norway INSTRUMENT-TEKNIKK A/S BIOTEST (Member of the Bie & Berntsen-Group0 Grini Naeringspark 1/PB 14 N-1332 Oesteraas (Oslo) Ph: ++47 (0)671 49303 Fx: ++47 (0)671 49302
firmapost@instrument-teknikk.no
Quadrolab Norway
Carl Roth in Poland
Linegal Chemicals Sp.z o.o.
ul. Kasprzaka 44/52, PL-01-224 Warszawa Ph: 022/632-32 21 w.-33 74,-31 92,-32 91,
Fx: 022/631-72 81
Carl Roth (ROTH) Poland - Polska
Quadrolab in Sweden
Bie & Berntsen,
Buch & Holm
click link click link Quadrolab Sweden
AMSI

Lörracherstr. 50, CH-4125 Riehen, Switzerland

Ph ++41-(0)61-6432626, Fx ++41-(0)61-6432627 AMSI Switzerland
Carl Roth in UK
ROTEC SCIENTIFIC LTD.
10, Bridgeturn Avenue, Old Wolverton, GB-Milton Keynes MK 12 5QL, UK Ph: 01908 22 33 99,
Fx: 01908 22 30 00, Sales@techmate.co.uk
Carl Roth (ROTH) UK
Quadrolab in UK
AJ Cope & Son Ltd 
The Oval, Hackney Road, London E2 9DU, UK Ph:++44 (0)207 729 2405,
Fx:++44 (0)207 729 2657, cjc@ajcope.co.uk
Quadrolab UK
KIMBLE-KONTES 1022 Spruce Street, Vineland, NJ 08360 Ph ++1-609-692-8500, Fx ++1-609-692-3242 Kimble-Kontes USA/Canada/Mexico
VWR USA 1310 Goshen Parkway
West Chester, PA 19380, USA
Ph 1-800-932-5000, Phone: (610) 431-1700
Fax: (610)431-9174
VWR USA USA/Canada/Mexico
Fisher-Scientific USA Fisher Scientific Worldwide, Export Division, 50 Fadem Road, Springfield, NJ 07081-3193, USA

Phone: 1-973-467-6511,
Fax: 1-973-376-1546

Fisher-Scientific USA USA/Canada/Mexico
ALDRICH (since  September 2002)
Prizes up to 50% higher, but ordering is convenient.
Click link to find 200 countries
ALDRICH Worldwide,
200 countries

トップページに戻る

配送と価格:
テーパージョイントの直径7mmから70mm
1ユニットあたりの配送=
アプリケーションチューブに装着されたシールリング
50個。 このアプリケーションチューブは雄ジョイント部分の直径の大きさに合う。パッケージにはいくつかの言語で説明のラベルが付いている。

                  
                                  
PTFEリング50
Kartusche Farbphoto mit Glas und Ring und Pfeil.jpg (12270 bytes)
写真:
ジョイント直径
29mmにぴったりと合うプラスチック保管チューブについたPTFEリング50個。





Retail-Prices in Europe: 1 unit of delivery (50 rings) about 25 EURO (ask your trader).

トップページに戻る

Instruction where to use and how to use GLINDEMANN®-sealing rings
Application: Laboratory work with glass equipment and containers often demands hermetic and clean sealing of conical joints and stoppers. Joint grease is not solvent resistant and not clean. The known PTFE-joint sleeves and stoppers are expensive and not very tight. Therefore, a fine PTFE-ring seal made off PTFE (known as Teflon) on ground tapered glass joints has been developed.
Use for hermetic sealing of equipment and containers without grease. Pressure- and high-vacuum tight (gas leak rate below 10-6mBar l /sec). Chemically resistant and tight (solvent leak rate below 0.2 mg/day). Temperature resistant (-200 to +300oC). No irreversible jamming of the joint. Useable with all joint clamps. Reusable. Available for all joint calibres: NS 7, 10, 12, 14, 19, 24, 29, 34, 45, 50, 60, 70.
トップページに戻る

Glindemann シールリングの取り付け方手順:
シールリングをジョイントの雄の部分に滑り移す
リングは弾力性があるので、粘着する。 通常、1個のリングで十分。約3mmの間隔をあけた2個のリング。リングがねじれてないことを確認のこと。

写真:
ジョイント直径
29mmにぴったりと合うプラスチック保管チューブについたPTFEリング50個。

シールリングはまるでグリースのようにぴったりジョイントと接着している。

優しくリング付きのガラスジョイントを押し入れる。リングは一回り全て透明色にならなければならない。あまり強く押し込みすぎてジョイントを割らないように。あまり滑らかではないガラスジョイントには少量のグリースを使用すること。また、ジョイントの部分はガラスを滑らかにするための微細なPTFEやすりくずを作るために回転させたりこすったりすることもできる。

シールリングが目に見えてぴったりとくっついていく様子。
左:2つのジョイントの部分が押し入れられる前のリング。
真ん中:
押し入れられたリング-グリースのように透明色になる。
PTFEの圧力のもとグリースはないが、すりガラスジョイントの滑らかでない表面にグリースのように変形している。
右:
グリースのジョイントと比べても、等しく透明色。しかし、グリースは溶媒反応し、清潔ではない。

ジョイントの分解 
ジョイントの片方をねじり取る(ひっぱってはいけない。)
2個のリングの場合は、もう少しねじる。

トップページに戻る

Glindemannシールリングのよくある質問とノウハウ

質問:
ディストリビューターは?

回答:
このホームページのトップのディストリビューターのリストから探して下さい。もしお望みのディストリビューターがリストになかったら、リストにある他のディストリビューターを通してシールリングを買うようにしてください。

質問:
サイズは?
回答:

シールリングは
5mmから70mmまでの直径の全てのテーパージョイントに使用可能。

質問:
価格は?

回答:
このホームページのトップの“配送と価格”をご覧下さい。
(正確な価格は貴方のディストリビューターに直接お問い合わせ下さい。)

質問:

PTFE
リングはどのように密封の働きをしますか?
回答:

PTFE
リングは弾力性だけでガラスジョイントの雄へ粘着します。このため、PTFEリングは雄のガラスジョイントからずれ落ちることはありません。このシールリングを固定するためのガラスジョイントの溝は必要ありません。2つのガラスジョイント部分同士をぴったりと合わせるにこの小さなPTFEリングだけしか必要ありません。これによりガラスを割ることなく、PTFEリングに大きな変形圧力をかけます。
PTFEをより柔らかくさせる要素はどんなものでも接着をよりよいものにします。(高温、溶媒、水、グリースの少量の存在)
すりガラスの表面をより滑らかにする要素はどんなものでも接着をよりよいものにします。(ガラスの表面の磨き)

適応のため
PTFEにより長い時間を与える要素はどんなものでも接着をよりよいものにします。(普通、ジョイントを押入れたあと2,3時間がより良い接着状態となります。)

質問:
私は
PTFEポリマーにガラスジョイントを適切に密封する力があるか疑問です。PTFE スリーブを使っていましたが、裸のガラスジョイントに比べ、PTFEスリーブには密封の特性がありませんでした。
回答:
それは正しいです。
一般的な
PTFEスリーブ(横溝なし)は実際、密封効果はありません。それは、PTFEリングのような働きはしないのです。PTFEスリーブはジョイント全体をカバーしてしまいます。そのため、スリーブにかかる圧力はとても弱く、グリースのようにPTFEを変形させたり、漏れを密封することはできません。

質問:
容器の密封について。
ガラステーパー栓付きの容器を密封するために、
PTFEシールリングは使えますか?(薬品試験管、フラスコ、瓶)
回答:
はい、もちろんです。
PTFEシールリングはガラス栓を容器に固定させます。それ故、瓶にかかるわずかなオーバープレッシャーでガラス栓を押し出すことはありません。ガラス栓を緩めるときは、とても強い力を必要としますので、ジョイント部分を引っ張らないで下さい。その代わり、栓を何回か左右に動かし、片方のジョイント部分をねじります。

質問:
シールリングの付いた栓をジョイントや瓶からはずせません。大変力が要ります。
回答:
ジョイント部分をひっぱらないで下さい。大変力がかかりますので。
その代わり、栓を左右に何回か動かして下さい。ガラスの部分から簡単に外れます。

質問:
リングは
1回以上使えますか?
回答:

はい、使えます。

質問:
PTFE
シールリングはどのようにガラスジョイントから外しますか?
回答:
リングをずらしながら取ってください。


トップページに戻る

質問:
密封力について。
PTFE リングを使ってましたが、密封効果があまりありませんでした。なぜでしょうか。
回答:

リングがジョイントのひと回り全て透明色になり、ぴったり付いているかチェックして下さい。
もしリングに光沢のないところがあれば、リングは恐らく、傷がついているか、くぼみがあると思われます。(1mmの隙間でも十分に漏れが生じます。)あるいは、すりガラスのジョイントの表面は余りに目が粗すぎPTFEリングシールがフィットしないこともあります。
すりガラスのガラス器具の目を滑らかにするいくつかの方法があります。

PTFEリングシールの付いたジョイントはPTFEの接触箇所のガラスの表面を滑らかにする微細なPTFE粒子を作るため、回転させたり、こすったりするといいかもしれません。 このジョイントの部分はグリースのように見えますが、実際はすりガラスのでこぼこを埋める小さいPTFE粒子の層です。その滑らかな接触部分を広げるため、ジョイントについているPTFEリングを動かしたり、ジョイント部分をもう一度回したりして下さい。この作業のあと、目に見える大きさのPTFEの繊維は取り除いて下さい。擦って使われたPTFEリングはより大きなPTFE粒子を失い、均質ではなくなっているので、使わないで下さい。

wpe5.jpg (14027 bytes)
写真:
とてもきつく密封されている様子。
擦ることによってリングからPTFEやすりくずがついていますから、雄ガラスジョイントの2mmの箇所を滑らかにしてください。擦ったリングは使わず、新しいPTFEリングを滑らかになった部分へずらし入れて下さい。この臨時の作業でほとんど、密接密封効果を得られます。
しかしもちろんこの作業なしにPTFEシールリングを使用することができます。

他の方法としては、PTFEシールりんごを柔らかくすることです。これはPTFEを滑りやすくする、極微量のグリースや溶媒、または水を塗ることによって可能です。水酸化カリウムではジョイントガラスを洗浄しないで下さい。この溶液は、すりガラスの目をさらに粗くします。もしくは、ガラス業者にガラスジョイントを少しみがいてもらってください。簡単なみがき方は、すりガラスの表面のあたりを直接、とても熱い溶接炎(2,000℃以上)に23秒間、向け入れます。(ジョイントを変形させないように)

トップページに戻る
 

質問:
洗浄について。
PTFEリングを特にきれいに洗浄するにはどうすればよいですか。(バイオ化学、調剤学、分析有機金属の実験の際 ) 
回答:
リングをオーブンにいれるか、溶媒で変質した物質を摘出します。
 
オーブン
PTFE
リングはオーブンで300℃で加熱することができます。しかし100℃以上の熱にプラスチック容器の試験管を入れてはいけません!プラスチックの縮みを避けるため PTFEリングを、雄ガラステーパー栓にずらし移して下さい。
 溶媒の摘出
PTFE
リングを溶媒につけて、すすぐことができます。(PTFEはどんな有機溶媒にも反応しません)
また、たくさんのPTFEシールリングを一遍に摘出装置にいれ、加熱温度70℃以下の溶媒で洗い流すこともできます。(より高い温度では、リングは縮み始める。)
この洗浄(オーブン加熱や溶媒洗浄)は
PTFEの柔軟さを少し衰えさせ、密封力をわずかに弱くさせるので気をつけて下さい。もしPTFEリングをもう一度柔軟にしたいのなら、あなたの実験の害にならない微量のグリースやオイルやつるつるした化学物質を塗って下さい。

質問:
200
℃以上での加熱のあとは、シールリングが拡大し、ガラスジョイントから落ちてしまいますがこれを防ぐにはどうすればよいでしょうか。
回答:
加熱する前にガラステーパージョイントの細い方の部分へずらし移して下さい。

質問:
リングをジョイントから外すと、とても小さく縮んでしまい、テーパージョイントへもう一度装着することができません。
回答:
リングをひっぱり伸ばすと、もう一度、ジョイントへ装着可能です。リングと一緒に購入された円錐形の保管チューブに付けて伸ばして下さい。
また、2本の指や、棒や爪など使ってみて下さい。

wpe6.jpg (8779 bytes)
写真:
ジョイントから外したあとのシールリングの縮小。

 





wpe3.jpg (12584 bytes)

質問:
シールリングの直径があまりに大きくなり、ジョイントからおちてしまいます。
回答:

リングの直径は
100℃から300℃の高温加熱で縮めることができます。(オーブン、ライター、バーナーを使って)

トップページに戻る

1.テストリポート(参考)Glindemann シールリング
ドイツの Max-Planck石炭リサーチセンターの Borislav Bogdanivicグループ博士教授, Andreas Bolte博士からのレポート。

親愛なる
Glindemann博士へ
我々の無機、有機金属の実験リサーチでは日頃、絶対的な汚れの無さやガラス器具にテーパージョイントを装着する際の絶対的な漏れのなさを必要とします。
貴方のPTFEシールリングは以下の点において成功されていると思います。
高い真空を要する器具の長時間の密封。
200℃まで化学反応を起こさない器具の長時間の密封。
合成のための器具や容器の密封。そして危険物質(空気上での可燃性物質)や、酸素や湿気に敏感な化学物質の保管、ジョイントグリースが混ざることによって反応し変質することを避けなければならない場合の器具の密封。
我々のグループでは 、非常に密封に優れている点やノーグリースジョイントの使用を可能にする点で、ジョイントグリースやPTFEスリーブの代わりに 、 Glindemannシールリングを使い続けてきました。
我々はこのPTFEシールリングがジョイントをノーグリースで密封を可能にする、現在最も優れた効果をもった製品だと思います。

2テストリポート(参考)Glindemann シールリング
カナダのUniversity of British Columbia 、化学部のMichael D. Fryzuk博士からのレポート

親愛なる
Glindemann博士へ:
とても素晴らしいO-リングサンプル送付ありがとうございます。我々は以前、テフロンのスリーブをある実験で、使っておりましたが、値段がとても高く、特別な効果がないのでこの実験を中断してました。そこで、我々は空気に非常に敏感な溶液(トルエン+{Co2TiCl}2ZnCl2 ) を使って貴方のO-リングシールをテストしてみました。この物質は 大気不活性のグローブボックスの中にある O2の指示薬で、O25ppmの存在で深い青緑色から明るいオレンジ色に変わるものです。この深い青緑色の溶液3Lの入った試験管を大気不活性グローブボックスのなかに入れ、貴方のシールリングを付け、グリースなしの栓で密封しました。そしてその試験管をボックスの外へ移し、溶液が栓の上側に来るように試験管を逆さにしました。はじめ、青緑色がO-リングシールにしみこんでゆくように見えましたが、すぐ止まりました。そして驚くべきことに、その溶液はその後何日も青緑色のままでした。この結果でこのシールは強い密封力があるのだと確信しました。この製品は我々の空気や湿気に敏感な有機金属化合物のリサーチに理想的なものです。
Sincerely,
M. D. Fryzuk
for <dglinde@chem.ubc.ca>; Tue, 10 Mar 1998 08:47:40 -0800
 


3. The Suppliers Guide of the American Scientific Glassblowers Society
is listing
GLINDEMANN® (PTFE Sealing Rings for conical glass joints) and
www.glindemann.net.
 

Copied from: http://www.asgs-glass.org/asgs/pages/adlinks_start.htm
Welcome to the ASGS Suppliers Guide
The following are links to ASGS advertiser web sites. We encourage you to consider these companies when making purchasing decisions for your glass needs. Please let these companies know that you saw their link at the ASGS web site.
Vacuum Supplies: http://www.asgs-glass.org/asgs/pages/adlinks_s-z.htm

Glass Components (Stopcocks, Joints, etc.): http://www.asgs-glass.org/asgs/pages/adlinks_g-k.htm
Health and Safety Equipment: http://www.asgs-glass.org/asgs/pages/adlinks_g-k.htm

トップページに戻る

Links on laboratory glass ware in the internet and to www.glindemann.net:
(If You would like your scientific glass web site mentioned on this page just e-mail me at dglinde@aol.com)

Scientific Glassblowing Basics
Glassblowing Workshop of Colin F. M. Smith
The Glassware Gallery, Glassware, Joints
Kimble-Kontes. Great sites to gather additional information. Glindemann Seals
LabOnline Australia. Feature Story - Sealing Your Ground Joints. Glindemann sealing rings.
The American Scientific Glassblowers Society listing www.glindemann.net as a supplier
 

Scientific Glassblowing Societies
American Scientific Glassblowers Society
Belgische en Nederlandse Vereniging voor Glastechniek
British Society of Scientific Glassblowers
German Scientific Glassblowers
Leidse Instrumentmakers School
Scientific Glassblowers Association of Australia  and New Zealand
Scottish Glass Society
Vereinigung Österreichischer Glasbläser

Other Glass Links
Scientific Glassblowing Basics (East Carolina University)
Glassblowing Workshop of António Morais, University of Aveiro, PORTUGAL
www.glassline.net/links/links.html
www.glassonline.com/
www.glassartists.org




トップページに戻る

Disclaimer
The author assumes no responsibility or liability for action resulting from use of this information.